Web tohohokanji.seesaa.net

2017年07月01日

漢検ジャーナル第21号&会員通信第25号

数日前、「漢検ジャーナル」第21号と「会員通信」第25号がやっと届きました。
6月15日に発送すると漢検協会からメールがあったのですが、10日以上経っても届かず。そこで漢検協会に電話をして届けてもらいました。

「漢検ジャーナル」には1級合格者のお名前が載っていましたが、お馴染みの方々のお名前が。
また、「漢字ミュージアム」の最新情報も。開館してからもう1年経つのですね。ここには紹介されていないけれど世界初の日本語ワープロが展示されているそうですし、また行ってみたいです。

「会員通信」は今回から横書きに。Yukiも送ったアンケート結果がドドーンと1ページ目と2ページ目に載っていました。やはり1級合格には数年もかかることも珍しくないようですね。今は1級と準1級勉強時に使う教材と辞書についての回答を募集しているそうですが、その結果も楽しみですね。抽選で当たる漢検オリジナル図書カードが欲しいので回答したいです(笑)。
8月6日に東京都内でネットワーク会員向けの研修会が行われる予定なので、早速Webから申し込みました。同日の午前中には「漢字教育サポーター」の研修会があるのですが、今回はパスします。「漢字教育士/日本漢字能力検定準1級」の肩書き入り名刺も新しく作ったし、準備はバッチリです。
「初めて1級に合格しました!」では何と小学生の投稿が!しかも文章はしっかりしていて、とても小学生が書いたとは思えません。大人でさえ難しい故・白川静先生の辞書を使うなんて凄い…。
posted by Yuki at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

甥の漢検7級受検、そして本屋さんにて

今日は漢検本番でしたね。受けられた皆さん、本当にお疲れ様でした。
Twitterの情報によると、1級で国名、地名を読ませる問題が15年ぶりに復活したとか。リピーターさんでも大変な回だったようです。
小学5年生の甥も、某大学で漢検7級を受検。まだ連絡はありませんが、無事に受けたことでしょう。まだ小学生なのに検定試験を受けるなんて偉いです。

そんな甥の検定試験時間の最中、Yukiは自宅近くの本屋さんの中でうろうろしていました。そこで偶々見つけたのがこの本↓

漢検1級、準1級合格者の中では有名(?)なブレット・メイヤー氏が書かれた『My First KANJI Book』です。
英語を母国語とする人を対象とする、文庫サイズの漢字入門書。イラストを交えながら易しい英語で、200字の漢字が説明されています。また、俳句6句の紹介と説明もあり、日本の伝統的な文化を学ぶこともできます。
特に海外出身の人にとって漢字はとっつきにくく難しいイメージがあるそうなのですが、本書を読んで少しは漢字に親しみを持ってほしいと思います。
posted by Yuki at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

うんこ漢字ドリル

※お食事中の皆様、こんなタイトルで申し訳ありません(汗)。でも、汚らしい内容ではありませんので、ご安心を…。

小学5年生の甥のために、今話題の『日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学5年生』を買いました。
で、気になる表紙はこんな感じ↓

そのまんまですね…(笑)。
本書を知ったのは通勤電車内の広告。問題分の内容にホントにびっくり。「この問題集を甥に買ってあげたらかなりウケるだろうなぁ…」なんて思っていたら、先日本屋さんで問題集を見ていた甥はニヤニヤしていたそうです。やっぱり子どもってこういうのが好きなのですね。
昨日、母と妹が某ショッピングモール内の本屋さんでこの問題集を探したそうですが、何故かこの5年生用だけ売り切れだったとか。そこで今日別の本屋さんで探したら、ドーンと平積みで置いてありました。しかもポスターまで目立つところに貼ってありました。
中身はというと、問題文には全て「うんこ」が入っていてユニークなものの、それ以外はちゃんとした内容でした。大きく書き順が出ていますし、練習できる欄がありますし、付録として繰り返し使える復習ボードのようなものが。カードサイズの「学習証明書」まで付いている(しかも本人の写真が貼れる欄まで!)のが面白いです(笑)。
しかし、あれだけの「うんこ」入りの文章をよく思いついたなぁ…。しかも重複する文章が1度も出てこないところが凄い!あまりの面白さに母と一緒にクスクス笑ってしまいました。この問題集は外では絶対読めないなぁ…。
これだけで漢検合格は無理ですが、甥がちょっとでも漢字を楽しく覚えられたらいいなと思います。
posted by Yuki at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

甥の漢検7級リベンジ!

妹からLINEが来て、小学5年生の甥に漢検7級を受けさせたいとのこと。甥は8級まで受かっていますが、7級には不合格。それから1年以上経っていますが、リベンジすることを聞いて嬉しくなりました。
今度の試験は6月18日(日)。本屋さんでの受付終了日が今月の15日(月)ですから、けっこうギリギリです。明日に本屋さんで願書を貰い、今週中には検定料を払って願書を送ろうと思います。
一方、中学1年生の姪は漢検5級を受けない様子。来月初めに「英検デビュー」を控えていますから、両方はきついですよね。
Yukiも来月10日(土)に日本語検定1級を控えていますが、こうして「漢検ブラザーズ」も検定に挑戦しているのだもの。負けてはいられません。
試験まで約1ヶ月ですし、妹には甥に過去問をしっかり解かせるように伝えました。何と言っても漢検は過去問なしには受かりませんものね。
posted by Yuki at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

漢和辞典的に申しますと。

Kindle本『漢和辞典的に申しますと。 (文春文庫)(円満字二郎著)』を読了。
本書はKindle版の場合、昨日(5月4日)までポイントが半額分還元されたようですが、今日現在は元のお値段に戻っちゃっていますね…。Yukiも本書を買った時は半額分還元でした。
本書は紙版だと2頁くらい(?)の漢字コラムを集めたもの。気軽に読めてなかなか面白かったです。よく使われる漢字は勿論、滅多にお目にかかれない漢字まで取り上げられていました。「最も画数の多い漢字」など各章の末の漢字コラムも見逃せません。漢字好きでもそうでない人でも十分楽しめる内容です。

つい最近、円満字先生の新著、『知るほどに深くなる漢字のツボ』が出たとか。まだKindle版は出ていないようですが、こちらも気になります。ちょっと高いけれど、どうしようかなぁ…。
posted by Yuki at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

日本語力の磨き方

図書館から借りた『日本語力の磨き方』を読了。
サブタイトルの「漢検なんか受けるな!」が気になってつい借りたくなりました。
本書は「漢検なんか受けるな!」と「日本語の不思議」との二部構成。はっきり言って漢字好きなYukiにとっては「う〜ん…」な内容でした。文章を全て仮名書きにしてしまうのはどうかと思います。例えば「コウコウ」と読める漢字なんて「高校」、「孝行」、「後攻」などたくさんありますし、無理があるのではと。それと、日本独自の漢字が成り立つのも決して悪くないとは思います。「バカの文章は漢字が多い」と書いてあるけれど、漢字を多用するのは単なる個性なのでは?まぁ唯一、読書嫌いを招く読書感想文を無理強いに書かせるのを反対するのには同感ですけれど…。
posted by Yuki at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

「会員通信および研修会に関するお知らせ」?

帰宅すると例の漢検協会からの茶封筒が。ラベルに「会員通信および研修会に関するお知らせ」と書かれていたので「漢検生涯学習ネットワーク」の「会員通信」が入っているのかと思っていたら、その発行月と研修会開催月変更のお知らせでした。「会員通信」は年4回発行から年3回発行に減らされるそうです。
お知らせの裏にアンケートのお願いが書かれていて、今回のお題は「漢検1級・準1級の学習期間・学習時間について」。う〜ん、準1級受検時の学習期間は大体分かるけれど、学習時間までははっきり覚えていない…(汗)。でも、抽選で3名に当たる「今年の漢字図書カード」が欲しいので応募したいです。
それと「漢字ミュージアム」で行われるイベントのお知らせが同封されていました。現在は「創作『感』字展」が開催中だそうです。それと幾つか講座が開かれるそうなので参加したいのですが、神奈川から京都までは遠いので難しいですね。
今度の研修会は8月の予定だけれど、どこで行われるのやら。できれば都内でお願いしたいですね。
posted by Yuki at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

学校では教えてくれない日本語の秘密

図書館から借りた『学校では教えてくれない日本語の秘密』を読了。
本書は明治以降の漢字に纏わる話。タイトルには「日本語」と書かれているけれど、当用漢字とか漢字廃止論など、殆どが漢字を巡る事柄です。
こういう内容の本はけっこう読んでいるので、目新しいことはあまりなかったです。しかし本書にはもっと子どもたちに漢字を好きになって欲しいというメッセージが隠れています。たしかに今の漢字教育ってただ丸暗記など、漢字嫌いになる要素が多いですからね。
posted by Yuki at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

漢検1/準1級の過去問×2冊

今日、近所の本屋さんにて『漢検 1/準1級 過去問題集 平成29年度版』を買いました。
数日前から発売されていたそうですが、その本屋さんの入った某商業施設のポイントカードが今日から数日間ポイントが3倍でして(笑)。本そのものは割引がありませんが、ポイントで還元されるのは嬉しいですね♪
昨年度(平成28年度)より1級の問題がリニューアルされたようですので、「今回は買っておかないと」とずっと思っていました。なお、準1級のリニューアルはありません。

それと数日前に、Amazonの中古で『漢検 1級/準1級 過去問題集 平成21年度版』(送料込みで999円)を購入。それが今日になって届いたのですが、コンディションが良くありません…。たしかにコンディションは「良い」と書かれていたのですが、何ヶ所か書き込みがありました。それとこれは致命的なのですが、1級の解答用紙の見本がありませんでした。返品しようとも思いましたが書き込みは消しゴムで消せますし、問題用紙は他年度の過去問があるので大丈夫です。Amazonだと手軽に中古の本が買えますが、実物を見てから買えないのが嫌ですね。

う〜ん、過去問の値段の高さ、どうにかしてほしいです。1級と準1級の受検者は本当に僅かですから、きっと現在の定価(1,404円)でないと採算が取れないのでしょうね。
posted by Yuki at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

漢検ジャーナル第20号&会員通信第24号

漢検協会から「漢検ジャーナル」第20号と、漢検生涯学習ネットワークの「会員通信」第24号が届きました。昨日届いた地域もあったようですが、私の自宅には今日でした。一応神奈川県内に住んでいるのですが、郊外ですからね。

「漢検ジャーナル」には、校閲の仕事について書かれていました。メーリングリスト仲間で校閲に関わる方がいらっしゃるけれど、本誌を読んで仕事内容の大まかについて掴めたかと思います。
恒例の1級合格者発表ですが、今回の合格者が少ないこと。何だかだんだん人数が少なくなっている気がするけれど、試験が難しくなっているのでしょうか?
それと、「漢字ミュージアム」の年間パスポートが発売開始になったそうですね。大人の場合2,500円で、年4回以上行けばお得になります。近くに住んでいれば即購入でしょうけれど、遠いのでちょっと厳しいですね。

「会員通信」には、「漢字教育サポーター」第6期生の募集の案内が。あれ、たしか第5期で終了と聞かされましたが…?まぁ、それだけ仲間が増えていくのも楽しみです。
その他、研修会の報告も掲載。講演は日本の漢字音についてで、内容がちょっと難しかったです。やはり生で聴く方が良いですね。
「初めて一級に合格しました!」では、何と1級から10級まで、全ての級に合格された方が。本当はそれが理想かもしれませんが、大人になるとなかなかそういう訳にもいきませんよね。小さな子どもたちに囲まれて大人で10級を受けるのも何だか恥ずかしいですし。妹は大人で8級と9級を受けましたが、それは姪の付き合いですから。

そういえば、第5期サポーターの修了式と懇談会の案内が同封されているかと思ったら、入っていませんでした。ひょっとして今回はやらないのかしら?第3期、第4期と3月に行われていたし、今回も楽しみにしていただけあって残念です。
posted by Yuki at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする