Web tohohokanji.seesaa.net

2015年06月07日

「漢検(R)ジャーナル」第15号

「漢検(R)ジャーナル」第15号が届きました。
インタビューは芸人のゴルゴ松本さんで、少年院などで漢字を教えているそうです。紹介されている本『あっ! 命の授業』が面白そう。残念ながら市内の図書館には置いていないようだけれど、Amazonで買うしかないかなぁ…。
それと字幕翻訳者の一人者、戸田奈津子さんも載っていました。翻訳には語学力だけでなく、日本語も大切なのですね。
勿論今回も1級合格者のお名前が。漢検(R)の研修会でお会いした方も数名いらっしゃいました。皆さん、リピーターとして頑張っていらっしゃる…。でも、今回(平成26年度第2回)って合格者がかなり少なくないですか?余程試験のレベルが難しかったのでしょうね。
前号と大きく変わったのが試験の問題抄録。どういうわけかA3サイズの綴じ込み付録になっているのですが、何故わざわざそんなことを…?いちいち開く手間もあるし、けっこう面倒くさいです。
posted by Yuki at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

会員通信第17号

今日、「漢検(R)生涯学習ネットワーク」の「会員通信」第17号が届きました。
会員の方が投稿されたパズルが載っていたのですが、投稿者の名前を見ると何だか見覚えのある…?おそらくブログを読ませていただいているあの方だと。パズル自体はレベルが高そうですね。でも1級取得者なら簡単かもしれませんが。
それと6月の研修会の案内も載っていて、申込書も添付されていました。同日には「漢字教育サポーター」と「漢字教育士」対象の交流会もやるそうです。場所は都内某所。両方出るとお昼を挟んで長時間になってしまいますが、折角の機会なので両方参加したいと思っています。
posted by Yuki at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

漢字教育サポーター登録証

漢検(R)協会から郵便物が届いたので開けてみると、「漢字教育サポーター」の登録証が入っていました↓
supporter_tourokushou.jpg
先月登録申請したのですが、登録証まであるとは知りませんでした。1年更新のため有効期限が来年の3月までなのですが、更新すればまた新しい登録証が届くのかしら?
しかし、「『すべての人の学びを支える』公益財団法人日本漢字能力検定協会」というタイトルが良いですね(笑)。漢字って日本人なら誰にでも一生関わることですし。

他に同封されていたのは「協会資材のご案内兼請求用紙」。受検願書とか「漢検(R)ジャーナル」とか、これで請求できるとか。漢字教育士として指導するとなると、こういうものが必要かもしれませんね。
それと「日本語・漢字講座テキスト」のサンプル。本テキストは新常用漢字には非対応ですが、漢検(R)2級合格を目指す人の参考として。

一応サポーターの交流会に参加したメンバーとメーリングリストで連絡し合っていますが、やはり漢字の指導となると少々不安。実際に指導を引き受けたら準備に大わらわでしょうね。
posted by Yuki at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

漢検(R)のWebサイトがプチリニューアル

久しぶりに漢検(R)のWebサイトにアクセスしていたら、一部リニューアルされていました。
小学生、中学生、高校生、大学生・社会人それぞれ用のページがあり、漫画で詳しく紹介が。ただ、大学生・社会人向けの漫画がちょっと怖い…。
それと受検級の目安チェックがあり、3択形式の問題が各級10問。何故か1級と準1級がないのですが、受検者が少ないからでしょうか?準1級がないので2級を解いてみましたが全問正解でした。
また、「漢検(R)の魅力」も。まだ受検したことのない人向けに、対話方式で漢検(R)のメリットを知ることができます。

ところで、6月に5級を受ける10歳の姪のことが気になります。先月申し込んで以来、漢検(R)のことを全然話していません。中学受験の為に塾へ通っているので大変だと思うけれど、ぜひ頑張ってほしいです。
posted by Yuki at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

漢字教育サポーターの登録

昨晩、「漢字教育サポーター」の登録申請書を漢検(R)協会へFaxで送りました。
締切が3月16日(月)なので、Yukiとしてはけっこう粘ったつもりでした。育成講座を終えられた方々とメーリングリストでやりとりしていますが、やはり同じように粘っているようです。
申請書に記入する内容は氏名や住所など基本情報の他、「活動地域の希望」、「資格」、「指導歴」などがあるのですが、この中でも「指導内容について」が悩むところ。Yukiを含めて特に指導経験が無い人は困るのでは?何だか履歴書の自己PRみたい。
で、この内容の一部は漢検(R)Webサイトに載り、誰でも閲覧できます。参考になるかなとYukiも見てみましたが、いろいろな年代や経験の方がいらっしゃる。意外と指導歴が無い人が多かったです。「指導内容について」の「内容」が空欄の人もいたけれど、やはり「?」と思いましたね。やはり未経験でも何か書かないと印象が悪いでしょう。
う〜ん、実際に依頼先から指導を頼まれたら、きちんとできるのかどうか。ちょっと不安ではあります。
posted by Yuki at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

姪の漢検(R)5級申し込み

本屋さんへ行って、10歳の姪のために漢検(R)5級を申し込んできました。今回8歳の甥の8級受検は見送られましたが、10月の検定には間に合うでしょう。
今回から2級以外は検定料が値上げし、5級の場合は1,500円から2,000円へ。1級が4,500円から5,000円になったのは痛いですね(>_<)。これ以上値上げはしないでください、漢検(R)協会さん!
その場で払込証書を書いたのですが旧検定料が書かれていたのでお店の人に尋ねると、それは古い証書だったらしいのです。すぐさま新検定料が書かれたものを持ってきてくれたので書き直しました。古いものはそのままシュレッダー行きになりました。
あとは黄色い封筒に願書と払込証書を入れて投函するだけ。80円切手はあるので、2円切手を忘れずに買わなくては。
posted by Yuki at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

甥の漢検(R)9級Web発表

今日は2月8日に8歳の甥が受けた、漢検(R)9級のWeb合否発表でした。
母とYukiは用があって外出していたのですが、母のスマホに妹からの着信が残っていました。もしかしてこのことの報告なのでは…。その後もまた着信があったので、母は妹のスマホに電話しました。ちょうど外で夕食を食べていた時のことです。電話に出たのは甥ですが、9級の結果は…

「合格」でした。いや〜、おめでと〜♪♪

それを聞いた瞬間、外出先にも拘わらずYukiも思わず拍手してしまいました。今回は前回の10級のように燥ぐことはなかった様子。年明けにまだ勉強していないようなことを聞いて一時はどうなるかと思いましたが、これで安心しました。
一応これでクリスマスに買ってあった「New 3DS」がやっと「ご解禁」となるわけですが、まだ開けてもらっていないそうです。ネットの設定もあるから、おそらく旦那さんが帰ってからになるかと思います。
で、次の8級はどうなるかはまだ聞いていません。一応勉強だけはしているようなのですが、甥にとってはレベルが難しいらしいです。大変なら6月を飛ばして10月に受けるのもいいかと思いますが、いずれにせよ挑戦してほしいです。
posted by Yuki at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

漢字教育サポーター育成講座修了式

都内某所で「漢字教育サポーター育成講座修了式」と交流会が行われました。
午前中は修了式。各人名前を呼ばれて、修了証書が手渡されました↓
supporter_shousho.jpg
写真だと大きく見えますが、実際はA5のコンパクトサイズ。
Yukiは一般枠のため既に「漢字教育士」の資格を持っていますが、おそらく他の方はこれから申請されるのかと。だからサポーターの登録方法だけでなく、「漢字教育士」の申請方法の説明もありました。
「漢字教育士」は民間資格なので履歴書にも書けるし、どんどんアピールしてもいいとのこと。勿論「漢字教育サポーター」も書いてOKです。

午後は昼食を兼ねた交流会。昨年12月の「漢検(R)生涯学習ネット―ワーク」の研修会でお会いした方もいらっしゃいました。初めての方にはバンバン名刺を配りました。やはり名刺をお持ちの方が多かったですね。
落ち着いたところで各人の自己PRのコーナーになりました。Yukiはこういうのが苦手なのですが、取り敢えず漢検(R)受検のきっかけなどを話しました。でも皆さん、いろいろな経歴や漢検(R)受検歴をお持ちですね。中には北海道など遥々遠方からいらっしゃった方もいてびっくりしました。
ある人から聞いたのですが、漢字を教える立場の需要は高まっている様子だとか。英語を教えられる人は多くても、漢字を教えられる人はそうそういないからだそうです。世間では英語だのTOEIC(R)だの叫ばれていますが、意外ですよね。

様々な人から名刺を貰って思ったのですが、今度名刺を作る時は「漢字教育サポーター」という肩書を入れようかと。「漢検(R)準1級」は中途半端な気もするし、まだ検討中。「漢検(R)1級」だと格好いいんですけれどね。

漢検(R)1級・準1級ホルダーもそうですが、「漢字教育士」や「漢字教育サポーター」の方に会える機会って本当に少ない。だからこういう集まりって大事だと思いました。同じ仲間がいると安心できるし、様々な情報を得ることもできます。
今度こういう交流会があるのはいつのことやら。機会があればまた参加したいですね。
posted by Yuki at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

修了式の案内が届きました

今日も漢検(R)協会からの郵便物が。3月1日の「漢字教育サポーター」の修了式の案内でした。
開催時間は前に届いた申し込みの案内とちょっとずれていますが、場所はやはり昨年の研修会と同じ場所です。
午後は交流会で会費が4,000円とちょっとお高めですが、美味しいお食事を期待して…(笑)。研修会でお会いしたサポーターの方もいらっしゃるようです。
案内には書いていませんが、「漢字教育士」の肩書入り名刺を持っていくといいかもしれません。なにしろ初対面の方が殆どなので…。残り4枚しかないのでまた印刷しなくては。
posted by Yuki at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢検(R)ジャーナル第14号

昨日、「会員通信」と一緒に「漢検(R)ジャーナル」第14号も届きました。
インタビューはYukiの知らない女優さん。高校時代に漢検(R)2級を取得し、現在は1級と準1級を目指しているとか。笹原宏之先生との対話もあり、面白かったです。
特集は「成長を支える『継続する力』を育むには」で、お2人の方に語ってもらっています。どうしたら成長し続けるかは本当に難しいですが、漢検(R)合格の目標がその1つかもしれません。
平成26年度第1回の1級合格者の名前が載っていましたが、この回は102人と本当に少ない。合格率は7.1%だそうです。何人か知っている方のお名前も出ていました。Yukiも早く1級に合格したい!
posted by Yuki at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする