Web tohohokanji.seesaa.net

2015年08月19日

会員通信第18号

「漢検(R)生涯学習ネットワーク」の「会員通信」第18号が届きました。
今回は4ページと短い。主な内容は6月の都内での研修会の報告と、漢字同好会からのお知らせといったところ。Yukiも研修会に参加しましたが、要旨を読むと懐かしいですね。まぁ、直接お話を聴いた方が何倍も実になりますし、その後の交流会も楽しいです♪講演された先生と会員発表された方のお二人の写真も載っていますが、実際に拝見した方がずっとお若いです(笑)。
来月には仙台で研修会が行われるらしいですが、今回はパス。行きたいのはやまやまだけれど、仙台だと遠いし、何しろ新幹線代が…。たしかに前回の研修会でも遥々遠くからいらっしゃった方もいますが、Yukiにはそんな体力ありませんし。
posted by Yuki at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

漢検(R)5級&8級の申し込み

近くの本屋さんへ行って、11歳の姪と8歳の甥のために漢検(R)の受検料を払ってきました。姪は2回目の5級、甥は初めての8級受検。
今回で2人の願書を書いたのは何回目かしら?それだけ書いているのにいつまでたっても2人の住所と家電の番号が覚えられません(←というより覚える気がない?)。まぁ、住所を書くのは年賀状と漢検(R)の願書くらいですし、電話するのは妹か旦那さんのスマホですし。
例の黄色い封筒に願書と「払込証書」を同封するのですが、「払込証書」の代わりにうっかり「領収書(申込者保存用)」を入れそうになりました。良かった、糊付けする前に気づいて…。というか、どちらも似ているから紛らわしいですよね。住所や受検級などを3回くらいチェックして封をし、早々とポストへ投函。
今回2人が受かったら「家族合格表彰状」が貰えるチャンスですし、ぜひとも受かってほしいところ。特に姪は小学校5年生なのに6年生レベルを受けるのだから大変でしょうが、「2度目の正直」で頑張ってほしいです。先日、妹に過去問をきちんと解かせるようにメールで伝えたので、今度こそ大丈夫とは思いますが。

それにしても今日も暑かった(汗)。涼を求めて、本屋さんの帰りに某ハンバーガーショップへ行って読書していましたもの。本屋さんの下の階のカフェはいつも混んでいるのですが、逆にそこのショップは比較的空いていることが多いので穴場です。それとガヤガヤしてないのも嬉しいです。
母もYukiもこの暑さでちょっと疲れ気味ですが、お互い熱中症には気を付けたいものです。
posted by Yuki at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

漢検(R)5級、頑張りました

今日、6月の漢検(R)のWeb発表がありました。
ついさっき、5級を受検した11歳の姪から電話がありましたが、残念ながら不合格だったそうです。でも、小学校5年生なのに6年生レベルの5級に挑戦したなんて偉いです。姪には「頑張ったね」と励ましました。一生懸命頑張ったのに落ちたからって叱るのは可愛そうですもの。
先月の受検直後の様子だと「もしかして合格するのでは?」とちょっとは期待していましたが、やはり姪には難しかったのでしょうか?
というわけで、10月の検定は姪が5級に再挑戦、8歳の甥が8級に初挑戦します。まだ受付期間には余裕がありますが、早めに本屋さんへ行って願書を貰おうと思っています。
posted by Yuki at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

漢字教室の見学

昨日、横浜市内某所の小学校で行われた、漢字教室を見学しました。
駅まで迎えてくださったのは、漢字教育サポーター3期のKさんと、同2期のAさん。Kさんはメーリングリストでお名前だけ知っていたのですが、きちんと顔を合わせたのは今回が初めて。
会場となった教室は昔懐かしの普通の教室。暑かったので、冷房があって助かりました。生徒さんは十数名と小規模で、小学生が3人、あとは大人でした。
前半は「知ると怖い!漢字のなりたち」という、この季節にぴったりなタイトル。『白川静さんに学ぶ漢字は怖い (新潮文庫)』を元に、子どもたちでも分かり易く様々な漢字を紹介。
後半は部首で、今回は「冫」(にすい)の付く漢字。因みに「冫」もれっきとした漢字で、「ヒョウ」、「こおり」という読みがあるそうです。小学2年生レベルから漢検(R)1級レベルの漢字が出題されたけれど、部首ってやはり大事だなと改めて知りました。答えを生徒さんが黒板に書いていったけれど、小学生3人がきちんと正解を書いて大人たちが拍手をしたところが良かったです。
最後は質問コーナー。大人たちがバンバン手ごわい質問をしていったけれど、Kさんはきちんと答えていました。例えば「胡麻」の「胡」の由来なんて咄嗟に出てきませんものね。ただちょっと子どもたちには難しかったですね。
この教室は割と「ゆる〜い」感じの授業でした。AさんとKさんは今後もこういう雰囲気で続けていきたいし、漢検(R)対策のような学習塾でも習うようなことはしたくないといいます。こういう教室って「漢字テストでいい点数を取る」など、成績や受験の方を期待してしまう親も出てくるようですが、この教室は漢字の楽しさを伝えるということで主旨が全く違います。まぁ、サポーターや漢字教育士一人一人の考えもそれぞれですし、どれが正しいとは言えませんね。
Kさんは今でも漢字教育サポーターの講座のテキストをきちんと読んでいるとのこと。それとおそらくいろいろな漢字関連の本も読んでいそう…。たしかにあのテキストは基本ですからね…。時間が経つとどんどん知識を忘れていくので、また読まないと(汗)。
講座でも漢字教室の動画を見たけれど、生徒さんの雰囲気などが分かるし実際に見るのとは全く違います。今回はその一例として見学できていい勉強になったと思います。
posted by Yuki at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

10月25日の漢検(R)ですが…

次回の漢検(R)は10月25日。
Yukiは今のレベルでは到底間に合わないのでパス。今のところ、8歳の甥が8級を受ける予定でいます。まだ勉強していなさそうですが、大丈夫かしら?
11歳の姪は先月の5級受検の結果待ち。塾の勉強に専念するため、もし受かったら受検は暫くお休み。それに4級だと中学生レベルでかなり難しくなっちゃいますし。仮に落ちたら10月に5級再挑戦です。
本屋さんでは既に受け付けが始まっているので妹は甥の分を申し込んでいいと言っているのですが、姪の結果が出てからにします。別々に願書を協会へ送ってしまうと、受検場所がバラバラになる可能性もありますから。
posted by Yuki at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

活動報告会&研修会

6月28日(日曜日)のことですが、漢字教育士の「活動報告会」と、「漢検(R)生涯学習ネットワーク」の研修会に行ってきました。
本当はこの記事を帰ってからすぐアップしたかったのですが、何しろ行き慣れない場所で疲れてしまってそれどころではありませんでした。やはり都心は人が多いこと。
場所は都内某所。前回までずっと同じ場所だったようですがそこが取り壊されたため、今回は違う場所。小さい頃にそこの最寄駅近くを訪れたことがあるそうですが、記憶は全くありません。

午前中は「活動報告会」で、4人の漢字教育士による活動報告が。その中にはアメリカ人の方もいらっしゃって、何と漢検(R)1級だそうです。後で彼に訊いたら、日本のアニメに興味を持ち、日本語を学び始めたとか。主に外国人向けに漢字を教えられているそうです。
勿論、他の3人の報告も勉強になりました。やはり公民館へ出向くなど、自分からアピールしないとダメなのですね。あと「方言漢字」など、面白いテーマの方が受けるそうです。
「漢字探検隊」の宿泊ツアーの紹介もありました。場所は福島県。家族と一緒もOKだし行きたい気もするのですが、案内を見た母はあまり興味がなさそう。それにYukiの住む神奈川県某所から集合場所まで新幹線を使っても片道5時間以上もかかるし(汗)。
残念ながら交流の時間はありませんでした。参加者は名札を付けたのですが、結局意味がないような。次回はこういう時間があるといいですね。

昼食はメーリングリストで縁のある男性お二方と。12時ちょっと前だったので某レストラン街はそんなに並んでいませんでした。今後のことなど話をしながら、ゆっくり食事を味わいました。

午後は研修会。約170名の参加者がいたようで、会場はちょっと窮屈でした。
講演は森山卓郎氏による「漢字の奥にある『言葉の仕組み』を探る」。何問かクイズがあり、周りの人とわいわいやりながら答えを考えました。
例えば「人」には「ジン」と「ニン」の音読みがありますが、使い分けがあるからこそ2つの音読みがあるのですね。
それと「白壁」と「白い壁」も似ているようで意味が全く違います。「白壁」は観光地などで見かける歴史のある建物の壁ですし、「白い壁」は一般的な壁です。やはり日本語って奥が深いですね。
次は会員による発表。その方は何とTwitterでフォロー済みの方でした。
タイトルは「漢字でまちづくりにチャレンジ!」。福島県喜多方市と言えばラーメンで有名ですが、「創作漢字コンテスト」を行うなど漢字で町興しをしているそうです。話を聴くと何だか楽しそうでした。
最後は会員同士の交流会。短時間ながらブログで知り合った方など、久しぶりにお話することができました。
びっくりしたのが、小学生の会員がいたこと。準1級を受検した際も必ず1人や2人小学生らしき受検者を見かけましたから、いてもおかしくはありませんが。それとYukiの前にはアメリカ人らしき方2名が座っていました。ホント年齢、国籍など、バラエティに富んでいました。

とにかく、実りの多い楽しい1日でした。漢検(R)1級・準1級合格者同士で集える機会ってなかなかありませんから、こういう機会を与えてくださった漢検(R)協会に感謝しないと。
posted by Yuki at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

昨日は姪の漢検(R)5級でした

昨日は漢検(R)でした。Yukiはパスしましたが、受検された皆様、お疲れ様でした。
さて、11歳の姪が某大学で5級を受検しました。前日に試験開始時刻について妹にメールしようと思いましたが今回はきちんと確認したようでしたので、心配には及びませんでした。今まで何度も開始時刻を勘違いしたことがあったので…。
それで姪の出来はと言うと、「微妙…」だそうです(汗)。読みは大丈夫だったようですが、書きが心配なようで。ただ姪の通う進学塾では既に中学校で習う漢字を先取りして覚えているようなので、大丈夫なような気もします。
もし今回姪が5級に合格したら、暫く受検はお休みでしょうね。4級は中学生レベルで難しくなるし、彼女自身も塾で忙しいし。姪は小学5年生ですから、6年生レベルの5級に受かったら大したものです。それよりも難しいレベルに挑戦したのは偉いですし、仮に不合格でも温かい目で見てあげたいです。
posted by Yuki at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

研修会の案内が到着

今日、漢検(R)協会から「漢字教育士」の交流会と、「生涯学習ネットワーク」の研修会の案内が届きました。12日(先週の金曜日)が締め切りだったのにもう京都から届くなんて早すぎ…。申し込み多数の場合は抽選だったそうだけれど、参加できて良かったです。会は今月28日に都内で行われ、交流会が午前中、研修会が午後です。
今回の研修会は会員からの研究発表があり、それもまた楽しみです。その分交流会の時間が短くなりますがしかたないですね。
2つの会に参加するので、また「漢字教育士」の肩書入り名刺を印刷しなくては。今回は少し多めに持っていこうかしら?当日、検定協会から「自己紹介カード」を貰えるのですが記入する手間が省けますし、Yukiは字が綺麗ではないので(汗)。
当日はブログで知り合った方など、いろいろ話せると嬉しいですね。勿論、初めてお会いする方と出会うのも楽しみです。

話は変わりますが、今度の日曜日は愈々漢検(R)本番ですね。11歳の姪が5級を受けるのですが、ちゃんと勉強しているか心配です。昨日姪は妹と8歳の甥と一緒にうちに来たけれど、問題集は持ってこなかったなぁ。それどころかうちではDSで遊んだり、うちにあるアラレちゃんのコミックを読んだりしていたし。
受検票がそろそろ届いているはずだけれど、まだ妹から受検地の連絡は受けていません。試験時刻を間違えずに家を出るといいですが。
小学校5年生の姪には5級は難しいかもしれないけれど、諦めずに頑張ってほしいです。
posted by Yuki at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

「漢検(R)ジャーナル」第15号

「漢検(R)ジャーナル」第15号が届きました。
インタビューは芸人のゴルゴ松本さんで、少年院などで漢字を教えているそうです。紹介されている本『あっ! 命の授業』が面白そう。残念ながら市内の図書館には置いていないようだけれど、Amazonで買うしかないかなぁ…。
それと字幕翻訳者の一人者、戸田奈津子さんも載っていました。翻訳には語学力だけでなく、日本語も大切なのですね。
勿論今回も1級合格者のお名前が。漢検(R)の研修会でお会いした方も数名いらっしゃいました。皆さん、リピーターとして頑張っていらっしゃる…。でも、今回(平成26年度第2回)って合格者がかなり少なくないですか?余程試験のレベルが難しかったのでしょうね。
前号と大きく変わったのが試験の問題抄録。どういうわけかA3サイズの綴じ込み付録になっているのですが、何故わざわざそんなことを…?いちいち開く手間もあるし、けっこう面倒くさいです。
posted by Yuki at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

会員通信第17号

今日、「漢検(R)生涯学習ネットワーク」の「会員通信」第17号が届きました。
会員の方が投稿されたパズルが載っていたのですが、投稿者の名前を見ると何だか見覚えのある…?おそらくブログを読ませていただいているあの方だと。パズル自体はレベルが高そうですね。でも1級取得者なら簡単かもしれませんが。
それと6月の研修会の案内も載っていて、申込書も添付されていました。同日には「漢字教育サポーター」と「漢字教育士」対象の交流会もやるそうです。場所は都内某所。両方出るとお昼を挟んで長時間になってしまいますが、折角の機会なので両方参加したいと思っています。
posted by Yuki at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする