Web tohohokanji.seesaa.net

2016年03月25日

「漢字教育サポーター」の更新

漢検協会から「漢字教育サポーター」更新の案内が届きました。登録してから1年経つなんて早いですね。
前回は住所やら漢検取得級やらいろいろ記入しました。今回は現在登録されている内容がそのまま同封されていて、変更する場合は直して漢検協会に返送する形。改めて登録内容を読みましたけれど、ちょっと恥ずかしいですね(汗)。
締切が4月8日(金)なので、ギリギリまで粘ってみましょうか。返送しない場合はそのままの内容で継続とみなされるそうです。
posted by Yuki at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

漢字教育サポーター研修会&交流会

昨日、都内某所で漢検主催の「漢字教育サポーター」研修会と交流会が行われました。その前には同じ場所で第4期サポーターの修了式があったようです。

研修会では主に模擬授業が行われました。ほぼ同じ内容で一般向けと子ども向けの両方だったのですが、教え方の違いがよく分かりました。
それと漢検協会側から漢検の模擬試験等いろいろな資料が配られて、教える内容のヒントも幾つかありました。あれだけの資料を作成するなんて協会側も大変だったのでは。

午後は昼食を交えながらの交流会。第3期からはYukiを含めて3人だけでしたが、他にも久々にお会いできた方が何人かいらっしゃいました。勿論初めての方ともお話ができて楽しかったです。
今回は第4期の方のみ自己紹介がありました。幼稚園の頃から漢字に興味を持っている方、漢検1級に一発合格の方、1級合格10回目の方、漢検の範囲外の難しい漢字に興味を持たれている方など、本当に様々です。中には20歳の非常に若い方も。つまりYukiの「漢検デビュー」時にはまだ彼はこの世に生を授かっていないということですが(汗)。でも共通して言えることは、皆さん漢検や漢字に対する人並み以上の熱意がおありということでしょうね。

改めて気づいたのですが、日本語検定1級をお持ちの方が多かったです。ある方が「簡単よ」なんて仰いましたが、何しろ1級は「準認定」を含めても10%にも満たない試験ですからね…。2級は何とか認定されたYukiですが、1級の過去問をちらっと見ただけでも「げっ、難しい」となりました(汗)。
日本語検定1級の方何人かに勉強法を訊いてみましたが、やはりこれと言った勉強法はないようで。でも日本語検定では漢字の問題が出題されるので、漢検の勉強が検定対策に繋がりますね。だから漢検1級や準1級を持っているとかなり有利です。

このような貴重な機会を与えてくださった漢検協会には本当に感謝です。またこういう機会があればぜひ参加したいと思います。
posted by Yuki at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

6月の漢検は…

2月7日実施の試験に落ちた「漢検ブラザーズ」。
6月19日の試験はどうするかと妹に尋ねたところ、2人ともパスだそうです。理由として姪が中学受験を1年後に控えていることと、甥も公文や新学期のことなどでバタバタしているからとか。
2人の得点はというと、2人とも合格点から20点以上も下だったそうで。やはり学年が1つ上のレベルは難しかったのでしょう。
本当は受けさせたいのが本音ですけれども、2人に無理強いさせたくありませんし。それによって漢字嫌いになったら困りますからね。
Yukiの1級はというと、まだまだ先になりそう…(汗)。このままだと受けないまま40代に突入しそうです。
posted by Yuki at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

「漢検ブラザーズ」の5級と7級の結果…

今日、漢検公式サイトで、2月7日の試験の結果が出たようです。早速妹にその旨をLINEのメッセージで送りました。この頃妹にはメールでなく、LINEでメッセージを送ることが日常的に…。
で、夜になって母のスマホに直接「漢検ブラザーズ」から合否の連絡があり、残念ながら二人とも不合格でした…(涙)。姪は5級に3回目、甥は7級に初めての不合格となりました。
あと何点で合格だったか聞いていませんし、どの分野がダメだったかも分かりません。でも二人とも小学生ながら頑張ったと思うのですが…。
6月の検定に関してはまだ受検するか未定です。姪は中学受験を1年後に控えているし、甥は4月に4年生になるのですがどうなることやら。
posted by Yuki at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

漢検(R)ジャーナル第17号と会員通信第20号

「漢検(R)ジャーナル」第17号と、漢検(R)生涯学習ネットワークの「会員通信」第20号が届きました。

まずは「漢検(R)ジャーナル」から。
特集は「もっと漢字を楽しもう!」。「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」の応募作品が幾つか取り上げられていました。そのほか「今年の漢字(R)」の紹介など、漢検(R)協会のPRのようなものが続きました。
何号か前から問題抄録が中綴じなのはどうしてでしょう?A3の用紙にせず、以前のように通常頁に載せてほしいです。
昨年6月の漢検(R)1級合格者の名前が出ていたけれど、今回も少ないですね。何人か知っている方のお名前も…。Yukiもいつかこの欄に名前を載せてもらいたいです。

次に「会員通信」。
昨年に神戸で行われた研修会の報告が載っていたのですが、2頁目に載っている方はどこかで見覚えが…?もしかして「漢字教育サポーター」募集要項にも載っていたあの方では?髪型は違うけれど、間違いなくそうだと。
「漢感興起」は創作漢字が出てきて面白かったです。たしか神田神保町のフェアは、メーリングリストである方が紹介していました。
Webサイト「漢字カフェ」の宣伝も。「2月下旬オープン」なんて書かれてあるけれど、既にオープンしています。メルマガ登録者を募集していたので、早速登録しました。

ところで、「漢検(R)ブラザーズ」の試験はどうだったのかしら…?検定から2週間経つけれど、妹は何も言ってこない。もしかしたら2人ともダメだったのかなぁ…?
posted by Yuki at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

漢字教育サポーター研修会・交流会の案内

漢検(R)協会から漢字教育サポーターの研修会と交流会の案内が届きました。3月中の日曜日に大阪と東京で行われる予定です。
普段なかなか顔を合わせられない他のサポーターさんに会えるチャンス。勿論、Yukiは既に漢検(R)協会に東京会場出席のメールを送りました。今回から第4期生が加わったので、また新しい出会いがあるかもしれません。ブログで知り合った方が第4期の育成講座を修了されたそうなので、彼に会えるといいのですが。
そう言えば、第3期生有志でやっている「メーリングリスト」、最近全然音沙汰なしだなぁ…。今回の研修会の案内を機にちょっと書き込んでみたいと思います。
posted by Yuki at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

漢検(R)まであと10日

もうじき1月も終わり。2月7日の漢検(R)まであと10日となりました。Yukiは今回受けませんが、「漢検(R)ブラザーズ」がそれぞれ5級と7級を受検します。もうじき受検票が届くことでしょう。
心配なのが落ち着きのない9歳の甥。頻繁に立ったり座ったりして3DSで遊んでいますし、トイレはドアを開けっ放しですし。試験時間は8級までは40分でしたが、7級以上は60分。授業時間より長いですから、60分間じっと座って試験に集中できるかどうか。
一方、11歳の姪は今回で3回目の5級受検。「3度目の正直」で受かってほしいです。
posted by Yuki at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

合格も不合格も…

他のブログの方と同じく、11歳の姪と9歳の甥にも漢検(R)の結果通知が届いた様子。
甥は8級に合格して大きな封筒で、一方、5級に落ちた姪は葉書でとなりましたが…。合格も不合格も同じ日に届くのですね。甥は姪と、通知の送付方法が違っていたので、不思議だったようです。姪は落ちたのが恥ずかしくて不合格を隠しているため、甥はそのことを知りません。しかも甥はまだ漢検(R)落ちたことがないので、その場合は葉書だとも知りません。
妹は「人のことはいいの」と甥に言ったそうです。小学生だって不合格になるのは嫌ですからね、姪のことを思ってのことなのでしょう。次回こそ2人揃って合格できるといいですね。
posted by Yuki at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

漢検(R)5級と7級の申し込み

今日、近くの本屋さんで11歳の姪と9歳の甥の漢検(R)受検料を払ってきました。姪は3度目の5級、甥は初めての7級です。

月曜日(23日)は妹がアルバイトのため、姪と甥が自宅マンションにやってきました。彼らと母と私4人でお昼のマックを食べて落ち着いてきた頃、いつの間に漢検(R)の話になりました。

Yuki:「○○(甥の名前)君、今度7級に受かったら、××(妹の愛称)を超えるね。」
甥:「え〜、そうなんだ。」
母:「そうよ、7級に受かって××超えしようよ。」
甥、母:「エイ、エイ、オー!!」

まんまと母と私の話に乗せられるなんて、さすがB型…。実は妹は姪と漢検(R)を一緒に受けて8級まで持っているのですが、それ以降は挑戦していないのです。別に妹が8級レベルの漢字力という訳ではないでしょうが、甥にとってはそれが励みになったことでしょう。本当はこの話は妹に内緒だったのですが、すぐにばれてしまいました。だからって妹を苛めたつもりはありませんよ。
5級に落ちた姪は甥に結果は分からないと言っていたのですが、きっと落ちたことが恥ずかしかったのでしょうね。母は「頑張ったものね」と励まし、私も「過去問を繰り返し解けば受かるよ」とそっと話しかけました。

妹は甥が7級に受かるのではと思っています。たしか甥は旦那さんから毎日漢字を5個書くように言われている筈ですから、きっと7級合格もそう遠くはないですね。姪も今度こそは「3度目の正直」で5級に受かってほしいです。
posted by Yuki at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

姪と甥の合否発表

先月、それぞれ漢検(R)5級と8級を受けた、11歳の姪と9歳の甥。昨日(16日)から合否がWeb発表されているらしく、早速妹にメールしました。そして今朝、母のスマホに本人たちから直接電話があったそうです。
甥は難なく合格でしたが、一方で姪はあと6点足りずに惜しくも不合格でした。姪は2度目の5級チャレンジでしたが、またしても…。まぁ、前回はボロボロだったようなのでかなりの進歩でしょう。塾や合唱クラブで忙しい中、よくやったと思います。
母によるとたしか姪は「対義語・類義語」が難しかったと言っていたような…。公式サイトに載っている過去問によると他にも熟語とか四字熟語、部首など癖のある問題がありますし、そこら辺が大変だったかも。でも、過去問を繰り返し解けば感覚が掴めるし、勉強すれば今度の検定では受かると思います。
妹には姪に2月の受検を勧めました。ただ、小学校3年生の甥にとっては4年生のレベルの7級はちょっと大変でしょうし、4年生に上がってからでも遅くはないかと。本人がやりたいなら別でしょうけれど…。
妹に言わせると、試験直後の甥は「イェ〜イ♪」と余裕で、姪は下を向いていたそうです。2人とも、公開会場で受けたことは刺激になったことでしょう。
posted by Yuki at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする