Web tohohokanji.seesaa.net

2017年02月07日

漢検ジャーナル第20号&会員通信第24号

漢検協会から「漢検ジャーナル」第20号と、漢検生涯学習ネットワークの「会員通信」第24号が届きました。昨日届いた地域もあったようですが、私の自宅には今日でした。一応神奈川県内に住んでいるのですが、郊外ですからね。

「漢検ジャーナル」には、校閲の仕事について書かれていました。メーリングリスト仲間で校閲に関わる方がいらっしゃるけれど、本誌を読んで仕事内容の大まかについて掴めたかと思います。
恒例の1級合格者発表ですが、今回の合格者が少ないこと。何だかだんだん人数が少なくなっている気がするけれど、試験が難しくなっているのでしょうか?
それと、「漢字ミュージアム」の年間パスポートが発売開始になったそうですね。大人の場合2,500円で、年4回以上行けばお得になります。近くに住んでいれば即購入でしょうけれど、遠いのでちょっと厳しいですね。

「会員通信」には、「漢字教育サポーター」第6期生の募集の案内が。あれ、たしか第5期で終了と聞かされましたが…?まぁ、それだけ仲間が増えていくのも楽しみです。
その他、研修会の報告も掲載。講演は日本の漢字音についてで、内容がちょっと難しかったです。やはり生で聴く方が良いですね。
「初めて一級に合格しました!」では、何と1級から10級まで、全ての級に合格された方が。本当はそれが理想かもしれませんが、大人になるとなかなかそういう訳にもいきませんよね。小さな子どもたちに囲まれて大人で10級を受けるのも何だか恥ずかしいですし。妹は大人で8級と9級を受けましたが、それは姪の付き合いですから。

そういえば、第5期サポーターの修了式と懇談会の案内が同封されているかと思ったら、入っていませんでした。ひょっとして今回はやらないのかしら?第3期、第4期と3月に行われていたし、今回も楽しみにしていただけあって残念です。
posted by Yuki at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446768317
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック