Web tohohokanji.seesaa.net

2016年10月22日

「漢字三千年」展

母と一緒に、東京都八王子市にある「東京富士美術館」まで「漢字三千年」展を見てきました。

公式サイトはこちら↓
http://www.kanji3000.jp/

JRまたは京王線八王子駅からバスで20分ほどの緑豊かな場所にある美術館。都心の美術館のように激混みのこともなく、じっくり見学できました。
青銅器、甲骨文、拓本、貨幣など、様々な貴重なものを見ることができました。スマホで専用サイトにアクセスすれば、いつでもどこでも音声ガイドが聴けるようです。
作品は全てカメラ撮影OK。Yukiも何作品か撮りましたが、結局ガイドブックを買ったのであまり意味がなかったのですけれど…(汗)。ガイドブックは税込み2,000円で、そこでしか買えない貴重な1冊です。ちゃんと解説が書かれていますので、見学した後の復習にもいいですよ♪

午後2時からは阿辻哲次先生の講演会が行われました。2時間前から整理券が出ていて、すぐにゲットしました。
会場内で阿辻先生らしい方を見かけたので声を掛けたら、やはり先生でした。一昨年前の漢検研修会以来、約2年ぶりにお話ができて嬉しかったです。
約1時間半の講演会は楽しくてあっという間でした。先生の子ども時代、漢字のしくみ、甲骨文字など、いろいろな話が出てきました。あまり漢字が好きでない母も漢字の話に惹かれたようです。
阿辻先生の講演会は11月26日(土曜日)にもう一度あるそうなので、ご興味のある方はぜひどうぞ♪

グッズコーナーでは先ほどのガイドブックの他に阿辻哲次先生の著書、青銅器のレプリカ、印鑑などが売られていました。漢字がデザインされたiPhoneケースまで売られていたのにはびっくりでした。

19日(水曜日)の「漢字ミュージアム」、そして今日の「漢字三千年」展と、今週は「漢字づくし」でした。今日はけっこう目を使ったので疲れましたけれど、漢字の展示会なんて珍しいので良かったです。
posted by Yuki at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ご無沙汰しております。

三千年展、すごく興味はあるのですが、北海道では開催してもらえません。
漢字博物館も遠いし、地方在住者には厳しいですねぇ。

三千年展の公式サイトのご紹介ありがとうございます。
それを見て我慢します(笑)
ガイドブックだけでも、と思ってサイトの「グッズ」を見てみたのですが、まだ何もありませんね。
そのうちもし買えるようになったら是非買いたいと思います。

では。
Posted by 並句郎 at 2016年11月01日 22:06
並句郎さん、こんばんは。

たしかに「漢字三千年」展も漢字ミュージアムも北海道からだと遠すぎますよね…。
ガイドブックは会場で「ここでしか手に入らない」なんて言われた記憶がありますが、そのうちネットでも買えるといいですね。
Posted by Yuki at 2016年11月02日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443036708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック