Web tohohokanji.seesaa.net

2016年08月10日

知らなかった四字熟語2選

約1ヶ月ぶりの更新。日本語検定1級とビジネス文書検定1級の両方に落ちて少々凹んでいるYukiです(汗)。秋にも受検予定ですので、ぜひリベンジしたいところ。

ところで最近、パソコンの壁紙を日本語検定公式キャラクター「にほごん」にしています。緑色をした謎の多いキャラクター。「にほごん」のLINEスタンプが発売中で、Yukiも2級に合格した時に買いました。余談ですが、特に緑色の服を着ていると、母からは「『にほごん』に似てる…」と言われています(笑)。鏡を見るとたしかに顔が似てきました…。
だいたい月に1回は新しい壁紙が出ていて、最新の壁紙は風鈴。で、その風鈴には四字熟語が書かれているのです。熟語そのものを知らなかったので、『漢検 四字熟語辞典』(注:旧版です)で調べてみると…

「夏雲奇峰(かうんきほう)」【4級配当】
夏の入道雲が大空につくるめずらしい峰の形のこと。

「九夏三伏(きゅうかさんぷく)」【3級配当】
夏の最も暑い土用のころをいう語。

だそうです。まさに夏本番にぴったりの熟語ですね。こういう美しい四字熟語をさりげなく使ってみたいです。四字熟語を会話や文章で使いこなせるなんて格好いいですね。

漢検準1級(1級でも?)では各回に1つくらい2級以下の配当の四字熟語が出てきますが、そこまで徹底して勉強するのは難しいです。準1級配当のものだと過去問を解けばある程度予想がつくのですが、2級以下配当だと本当に何が出てくるのか分かりません。最低でも過去問や問題集に載っているものだけは覚えるようにしていますが、これだけはどうしようもないですね。きっと1級リピーターさんだと辞典に出てくるものを虱潰しに覚えているのでしょう…。
posted by Yuki at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢字コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック