Web tohohokanji.seesaa.net

2016年06月24日

正書法のない日本語

図書館から借りた『正書法のない日本語 (そうだったんだ!日本語)』を読了。
途中、『万葉集』などから引用された古文がちょろちょろ出てきたけれど、深く考えずに流し読みしてしまいました。中学・高校時代に真面目に国語の授業を受けていれば良かった…(汗)。
しかし、日本語って面白いですよね。例えば「日本」と表記するのに「日本」、「にほん」、「ニホン」、「Nihon」と、Yukiが思いつく限り4通りあるのですもの。英語はアルファベット、中国は漢字でしか表せないのだから。
平仮名や片仮名を思いつくのも面白い。平仮名は漢字を崩したもの、片仮名は漢字の一部を取ったもの。最初は一部の人にしか分からなかっただろうにだんだん定着して、今では日本人の誰もが使っているのですから。
明治時代、本来は音読みすべき熟語をわざわざ訓読みさせる作品が出回ったという事実。勿論漢字のテストでは×にされるけれど、何だかしっくりきましたし格好いい印象を受けました。
posted by Yuki at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439363615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック