Web tohohokanji.seesaa.net

2015年11月27日

漢検(R)5級と7級の申し込み

今日、近くの本屋さんで11歳の姪と9歳の甥の漢検(R)受検料を払ってきました。姪は3度目の5級、甥は初めての7級です。

月曜日(23日)は妹がアルバイトのため、姪と甥が自宅マンションにやってきました。彼らと母と私4人でお昼のマックを食べて落ち着いてきた頃、いつの間に漢検(R)の話になりました。

Yuki:「○○(甥の名前)君、今度7級に受かったら、××(妹の愛称)を超えるね。」
甥:「え〜、そうなんだ。」
母:「そうよ、7級に受かって××超えしようよ。」
甥、母:「エイ、エイ、オー!!」

まんまと母と私の話に乗せられるなんて、さすがB型…。実は妹は姪と漢検(R)を一緒に受けて8級まで持っているのですが、それ以降は挑戦していないのです。別に妹が8級レベルの漢字力という訳ではないでしょうが、甥にとってはそれが励みになったことでしょう。本当はこの話は妹に内緒だったのですが、すぐにばれてしまいました。だからって妹を苛めたつもりはありませんよ。
5級に落ちた姪は甥に結果は分からないと言っていたのですが、きっと落ちたことが恥ずかしかったのでしょうね。母は「頑張ったものね」と励まし、私も「過去問を繰り返し解けば受かるよ」とそっと話しかけました。

妹は甥が7級に受かるのではと思っています。たしか甥は旦那さんから毎日漢字を5個書くように言われている筈ですから、きっと7級合格もそう遠くはないですね。姪も今度こそは「3度目の正直」で5級に受かってほしいです。
posted by Yuki at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430359869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック