Web tohohokanji.seesaa.net

2012年03月26日

訓読みのはなし

図書館から借りた『訓読みのはなし 漢字文化圏の中の日本語 (光文社新書 352)』を読了。
本書はたまたまTwitterで知ったのです。タイトルを見て面白そうと思って読んでみることにしました。
訓読みの歴史、背景、同訓異字など、訓読みに絞って書かれた本書。訓読みの世界の奥深さを知りました。訓読みって日本だけではなくて中国や韓国にもあるのですね。
意外だったのが「横入り(よこはいり)」という言葉。「割り込み」と同じ意味なのですが、神奈川県周辺でしか使われないそうですね。東京生まれの母も「横入り」は知らないそうです。横浜生まれのYuki。子供の頃は「割り込み」より「横入り」を使っていたので、てっきり日本全国で使われているのかと思っていました。
posted by Yuki at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、だったかどうか記憶が定かではありませんが… ^^;
いつも拝見しております。

「訓読みのはなし」、面白そうですね。
ぜひ、近いうちに私も図書館から借りて読みたいと思います。

「横入り」、私も標準語かと思ってました。
東京でも使われないとは意外でした。
ちなみに私、川崎の出身です。
Posted by heyqlow at 2012年03月28日 00:55
heyqlowさん
コメントされたのは初めてだと思います。
いつもブログを拝見させていただいています。

「横入り」を母が知らなかったのはびっくりでした。母は東京よりも神奈川に住んでいるほうが長いのですが。
Posted by Yuki at 2012年03月29日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック