Web tohohokanji.seesaa.net

2017年07月01日

まさかの「飛び級」?

先月18日に漢検7級に再挑戦した小学5年生の甥。まだ結果が出ていないのにもかかわらず、10月の試験で5級を受けたいそうです。
最初は妹の勘違いと思っていましたが、そうではありませんでした。5級と6級のダブル受検のことも伝えたのですが、彼は5級だけを受ける気満々だそうで。
もしかして中学1年生の姪が6級を持っているので、彼女を超えたいために5級を受けるのではと。5級は小学校卒業レベルですが、そんな難しい試験に挑戦するとは偉いです。
既に10月の検定の受付が始まっているようですが、申し込むのは7級の結果が分かってからでも遅くはないかと。来週に本屋さんへ行くので、その時に願書を貰ってきます。
「飛び級」は大変かもしれないけれど、甥には是非とも頑張ってほしいです。
posted by Yuki at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢検ジャーナル第21号&会員通信第25号

数日前、「漢検ジャーナル」第21号と「会員通信」第25号がやっと届きました。
6月15日に発送すると漢検協会からメールがあったのですが、10日以上経っても届かず。そこで漢検協会に電話をして届けてもらいました。

「漢検ジャーナル」には1級合格者のお名前が載っていましたが、お馴染みの方々のお名前が。
また、「漢字ミュージアム」の最新情報も。開館してからもう1年経つのですね。ここには紹介されていないけれど世界初の日本語ワープロが展示されているそうですし、また行ってみたいです。

「会員通信」は今回から横書きに。Yukiも送ったアンケート結果がドドーンと1ページ目と2ページ目に載っていました。やはり1級合格には数年もかかることも珍しくないようですね。今は1級と準1級勉強時に使う教材と辞書についての回答を募集しているそうですが、その結果も楽しみですね。抽選で当たる漢検オリジナル図書カードが欲しいので回答したいです(笑)。
8月6日に東京都内でネットワーク会員向けの研修会が行われる予定なので、早速Webから申し込みました。同日の午前中には「漢字教育サポーター」の研修会があるのですが、今回はパスします。「漢字教育士/日本漢字能力検定準1級」の肩書き入り名刺も新しく作ったし、準備はバッチリです。
「初めて1級に合格しました!」では何と小学生の投稿が!しかも文章はしっかりしていて、とても小学生が書いたとは思えません。大人でさえ難しい故・白川静先生の辞書を使うなんて凄い…。
posted by Yuki at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする