Web tohohokanji.seesaa.net

2016年10月28日

方言漢字

方言漢字 (角川選書)(笹原宏之著)』を読了。
本書はブックオフで偶々見つけ、けっこう安く入手できて良かったです。図書館にはないし、Kindle版もそれなりの値段なのですよね。
本書では北海道から沖縄まで、その地方にしかない漢字が取り上げられています。珍しい漢字って案外あるものです。ただ、「平成の大合併」等で残念ながら消えていった漢字も多々あったようです。
なお、中には漢検1級や準1級配当の漢字もありますが、漢検では地名を答える問題はありません。
それにしても著者の笹原先生は、よくあそこまで日本全国を回られましたね〜。ネットでも珍しい漢字は見られるかもしれませんが、実際に看板などでそんな漢字を見つけた喜びは大きいのでしょう。
posted by Yuki at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

「漢字三千年」展

母と一緒に、東京都八王子市にある「東京富士美術館」まで「漢字三千年」展を見てきました。

公式サイトはこちら↓
http://www.kanji3000.jp/

JRまたは京王線八王子駅からバスで20分ほどの緑豊かな場所にある美術館。都心の美術館のように激混みのこともなく、じっくり見学できました。
青銅器、甲骨文、拓本、貨幣など、様々な貴重なものを見ることができました。スマホで専用サイトにアクセスすれば、いつでもどこでも音声ガイドが聴けるようです。
作品は全てカメラ撮影OK。Yukiも何作品か撮りましたが、結局ガイドブックを買ったのであまり意味がなかったのですけれど…(汗)。ガイドブックは税込み2,000円で、そこでしか買えない貴重な1冊です。ちゃんと解説が書かれていますので、見学した後の復習にもいいですよ♪

午後2時からは阿辻哲次先生の講演会が行われました。2時間前から整理券が出ていて、すぐにゲットしました。
会場内で阿辻先生らしい方を見かけたので声を掛けたら、やはり先生でした。一昨年前の漢検研修会以来、約2年ぶりにお話ができて嬉しかったです。
約1時間半の講演会は楽しくてあっという間でした。先生の子ども時代、漢字のしくみ、甲骨文字など、いろいろな話が出てきました。あまり漢字が好きでない母も漢字の話に惹かれたようです。
阿辻先生の講演会は11月26日(土曜日)にもう一度あるそうなので、ご興味のある方はぜひどうぞ♪

グッズコーナーでは先ほどのガイドブックの他に阿辻哲次先生の著書、青銅器のレプリカ、印鑑などが売られていました。漢字がデザインされたiPhoneケースまで売られていたのにはびっくりでした。

19日(水曜日)の「漢字ミュージアム」、そして今日の「漢字三千年」展と、今週は「漢字づくし」でした。今日はけっこう目を使ったので疲れましたけれど、漢字の展示会なんて珍しいので良かったです。
posted by Yuki at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

漢字ミュージアムに行ってきました♪

19日(水)に母と一緒に、京都にある「漢字ミュージアム」へ行ってきました。
私たちは阪急京都線の河原町駅から10分ほど歩きましたが、バスの方が歩かなくて済むので楽かもしれませんね。でも京都の街を散策できてそれはそれで良かったです。
ミュージアムの外観は京都らしい和のテイストで、街並みに溶け込んでいました。

受付を済ませると、来場者プレゼントのオリジナル鉛筆を頂きました↓
kanji_museum5.jpg
ミュージアムロゴの裏側には何やら万葉仮名が。最初の4文字まではすぐに分かりましたが、後半がなかなか分からなかったです。自宅に戻ってやっと分かりましたが、ここでは敢えて答えを伏せておきますね。

最初に飛び込んできたのが昨年(2015年)の「今年の漢字」↓
kanji_museum1.jpg
Webニュースでは写真で見たことがありますが、実際に見るのとではだいぶ感じが違いますね。予想どおり、けっこう大きいです。

ワークショップにも参加しましたが、本当に偶然だったので良かった〜。今回は粘土で漢字を自由に表現してみるというもの。Yukiが選んだ漢字は「愛」↓
kanji_museum6.jpg
ちょっと不恰好になってしまったけれど、それはそれで味があって良かったかも。
そこではボランティアとして働いていたNさんにお会いしました。どこかで見覚えのある顔だなぁと思っていたら、彼から「○○さん(Yukiの苗字)ですね?△△です。」とおっしゃったので、お互い再会を喜び合いました。因みに彼は、昨年の夏の漢検研修会で会員発表されたあの方です。
他には5歳の男の子がおじいちゃんおばあちゃんと一緒に参加していましたが、色とりどりの作品を仕上げていました。彼は漢字が好きらしく、前にもミュージアムに来たことがあるらしいです。将来その子が未来の「1級リピーター」になったりして。

ワークショップの行われた2階には様々なパネルが用意されていて、実際に触れて遊べるものも。中には「ネプリーグ」のような漢字ゲームまでありました。
中でも目立つのが魚へんの湯呑の特大バージョン↓
kanji_museum2.jpg
高さはそんなにないので、小さい子どもでも写真に写ります。

それと期間限定ですが、今までの「今年の漢字」が展示されていました↓
kanji_museum3.jpg
最初の「震」って漢字は懐かしいですね。あれからもう20年以上経っていますから。
kanji_museum4.jpg
「今年の漢字」を書く際に使われている筆は意外と柄が短く毛も細かったのでびっくり。でも柄が長かったらあんなに堂々と書けなかったかもしれません。

1階のシアターでは、漢字の歴史などが簡単に触れられていました。
それと同じ階には金印スタンプが置かれていて、受付で頂いた「体験シート」に押すことができました。それだけでなく、自分の名前を万葉仮名で表せるスタンプも置いてあったようですが、時間がなくて押せませんでした(汗)。漢字の歴史がずらーと書かれていたのは勉強になるかも。

入口近くのお土産屋さんでは、Tシャツなどの漢字グッズや、京都らしいグッズなどが売られていました。どれも海外の人が喜びそうなものばかり。ただ、「漢検グッズ」が売られていたらなお良かったかも。

今日になって気づいたのですが、入館券には漢字クイズが用意されていて、しかも1枚1枚問題が違うようです。内容は漢字イラストとなぞなぞとしりとりでしたが、特に漢字イラストはよく考えて作られていると思いました。

ちょっと残念なことに、時間の関係で全ての展示を見ることができませんでした。予想よりも遅くミュージアムに到着したのが影響しました。でもワークショップには参加できたし、Nさんにお会いできたので良かったです。
今度ミュージアムを訪れる際には2階の図書館コーナーをじっくり見たいです。中には珍しい漢字の本もありそうですね。
当日であれば再入場ができるので、お昼を外で食べて一日中館内にいるのもありです。同じ建物内には休憩できるカフェがあります。だいたい2時間くらいで全部回れるということですが、じっくり見学すれば何時間でもいられそうな感じです。
何と言っても子どもから大人まで楽しめるところがいいと思います。特にミュージアムでいろいろ体験することで、漢字好きな子どもが増えるといいですね。もし「漢検ブラザーズ」を連れて行ったら、ゲーム等けっこう喜ぶのではないかと思います。

そうそう、「漢字5万字タワー」という展示がありました。その一部をスマホのカメラで撮影して早速待ち受け画面に設定したら、なかなか渋いスマホに変身しました(笑)。
posted by Yuki at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

漢検ジャーナル第19号

漢検協会から「漢検ジャーナル」第19号が届きました。
特集は「漢字ミュージアム」。お母さんと娘、息子が館内を体験するという設定。「ミュージアム」という名前から堅苦しいものを想像してしまうけれど、実際は触れたり遊んだりしていろいろと体験できるようです。
実は、今月中旬に、母と「漢字ミュージアム」へ行く予定です。だからこの特集を読んで、ますます楽しみになってきました。あれなら漢字嫌いな母でも楽しめそうです。今月から「今年の漢字」の実物が見られるそうなので、そちらも期待しています。
他には「漢字三千年」展のお知らせが。Yukiの自宅から至近の場所では「東京富士美術館(八王子市)」で10月20日(木)から12月4日(日)まで行われるそうですので、ぜひ行ってみたいと思います。
それと「『みんなで合格!』思い出受検キャンペーン」のチラシが同封。友達や同僚と漢検を受けて、全員が合格すれば1人ずつ賞状が貰えるというもの。「家族受検表彰制度」では1枚しか貰えないのに、これは全員貰えるのがいいですね。それに一緒に合格を目指す仲間がいると励みになりますものね。応募が11月30日(水)までと限定されていますが、好評だったらまた同じようなキャンペーンが行われるでしょうね。

Yukiは受けませんが、11月6日の漢検の締切が明日(6日)と迫っています。受検を予定されている方はお早めに〜。
posted by Yuki at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする